2012年1月19日木曜日

うつ薬 多剤大量処方

まずこの動画をアップされた akkoinkolove さんの勇気に拍手を送りたいと思います。

この動画を見ることで、一人でも多くの方に、今受けている薬物治療に疑問を持ち、考え直す勇気を持って頂きたいです。



臨床でもうつ病の患者さんを診ることがありますが、ほぼというか・・・ 全員、大量の薬を服用されています。

診察で症状を説明するとその薬が処方されます。
患者: 『眠れないんです』、 医者: 『はい、睡眠導入剤 出しておきますね』

患者: 『不安になるんです』、医者: 『はい、抗不安薬 も出しておきますね』

患者: 『痛みもあるんです』、医者: 『はい、鎮痛剤 も出しておきますが、胃を荒らすので胃薬も出しておきますね』

こんな患者さんは少なくありません。

しかも、出された薬の副作用で新たな症状が出ている方も大勢います。 言い方は悪いですが、まさに『医原病』です。

鍼灸治療は神経症にも効果があり、WHO(世界保健機関)でもその有用性が認められています。しかし、大量の薬を飲んでいる患者さん(うつ病の方に限りません!)にはその効果が判りにくのが現状です。良い意味でも悪い意味でも薬は効いてしまいます。

※ 鍼灸は症状を緩和し、免疫を上げることが出来ます。

※ 薬はその症状を抑えることは出来るかもしれませんが、免疫は確実に落ちてしまいます。そして、症状が重いほど常習になってしまいます。

その症状、自分が変わらないと治まっていかないかもしれませんよ・・・ まずは疑問を持ちましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿